主婦で忙しい人にケノンはとてもオススメの脱毛器です。

※下にケノンの画像、私の脱毛前・脱毛後の画像も載せてあります♪

ケノン 成功

 

ムダ毛って本当に嫌なものです。
特に毛深い私は、小さい時からムダ毛が心の悩みの種でした。友達が脱毛をし始めると私もと思って脱毛サロンにも通ったものですが、当時はまだ値段も高く痛くて永久脱毛する前に断念した記憶があります。

 

それでも冬の間はいいんです。隠せる所はトコトン隠してしまえばいいし、デートの前にはちゃちゃっと処理して終了なんて時もありました。
でも、夏場はそうはいきませんよね。夏場は毛深い私にとっては地獄のような日々でした。

 

バスや電車で吊り革を掴むと自然にワキが見えてしまうし、ノースリーブを着たいなぁって希望もあったものです。
夏場でも、処理が甘くて男性や女性に見られるのも嫌だったので大体において七分袖か、半袖の洋服でも長めの物にするとか、重ね着するとかで何とかごまかしてきた私です。

 

そんな私も結婚して子どもが生まれました。
子どもがある程度大きくなると、手が離れますが一緒に行動するものですよね?
そうなると、子連れで脱毛サロンに行くか自分で処理するかという選択になるものです。
もうちょっと大きくなって幼稚園や小学校に子どもが行きだせばサロンも通えるのかもしれませんが、そこまで悠長に構えていられないのも私の性格です。

 

主婦で子どもを連れての脱毛はちょっと気が引けました。
そうなると自宅でできる家庭用脱毛器に目が行きます。自宅で簡単に、かつ成果が上がる脱毛器がほしくてたまらなくなりました。
一度考えるといてもたってもいられなくなるのが私の性格なんです。

 

そこで、色々と調べました。できれば、簡単でお金がかからず成果が上がるものがベストですが、全部をカバーするのは難しいですね。
そこで、とにかく1度に広範囲を扱うタイプで数種類を選び、尚且つ手入れが簡単なもの、そして成果が上がるものと絞っていくと、当てはまったのがケノンです。

 

購入前に価格調査しましたが、ケノン公式サイトが最安値でキャンペーンで一番安く購入できました。他のサイトと比較するとダントツで安いです。
注文してから翌日に到着したのには驚きました。平日16時までの注文なら最短で翌日到着とのことです。ここは文句なしです。

 

ケノン 成功

 

ワキとひざ下を中心に10日から2週間に1度ずつ照射する事にしました。照射後はポロポロとムダ毛が抜け落ちてきます。
部屋のコロコロ必須です。家族と同居されている方は、湯船は最後に浸かった方がいいと思います。ポロポロ抜けた毛が浮いて真っ黒になります。

 

足は少し熱いかな?と言うレベルでした。レベル8の照射ですが、そこまで痛みは感じませんでした。私のお肉が分厚いだけかも・・・。でもレベル10は普通に痛いです。敏感肌の人はレベル4くらいから少しずつ照射レベル上げていった方がいいと思います。

 

ケノン 成功

 

ワキはちょっとだけ、熱さが強く感じられました。ワキは痛みを感じやすかったのでレベル5くらいで照射しました。面積が広いので脱毛時間はあっという間に終わります。照射力が高いおかげで短時間で脱毛処理が完了するのは、ケノンの最大のメリットだと思います。

 

ケノンでうなじも綺麗になりました。うなじへの照射レベルは5〜6くらいです。日頃頻繁に髪をアップにする機会が多いので気になっていたうなじが綺麗になったのは私にとってかなりポイント高いです。
ケノン照射してちょっと赤くなっていますが、一週間くらいで赤みはなくなりました。

 

ケノン うなじ

 

使い始めて3ヶ月経過のレビューですが、確実に毛が細くまばらになってきて、もう自己処理は必要なくなりました。
自己処理が原因の、埋没毛の黒いポツポツも消えて、肌も綺麗になりました。脱毛サロンに高額な金額を使わなくて良かったです。

 

3ヶ月目でここまでの効果なら完全に脱毛が完了するまでもう少しだと思います。
サロンよりも手軽にできて、時間も自由にできる家庭用脱毛器は私にとって画期的でした。

 

サロンに行ってとか、予約のストレスを考えたら私には家庭用脱毛器があっていたように感じます。
それくらい簡単で痛くなかったです。

 

ケノンで脱毛に成功したことで、お肌がツルツルになったのも嬉しいですが、それによってファッションの幅が広がったので本当に買って良かったです。
主婦でなかなか時間の取れない人も、自分の空いた時間に脱毛ができるケノンは自信をもってオススメできます。

 

世の中には様々な脱毛の方法がありますが脱毛サロンではワックス脱毛やフラッシュ脱毛が主に行われています。フラッシュ脱毛はレーザー脱毛と似たような原理でムダ毛の毛根部やその周辺組織に照射して発毛機能を弱めていきます。フラッシュ脱毛で使用されているものは医療用レーザー光線よりも波長が幅広く、産毛などの薄い毛から濃く太い毛まで利用できます。一方レーザー脱毛は医療行為にあたり法律によって美容外科や皮膚科などの医療機関にしか認められていないため脱毛サロンでは施術することができません。脱毛は毛乳頭を破壊する医療行為のため医師免許や看護師免許がない者が施術すれば医師法違反となり法によって罰せられます。エステで行えるのは減毛といって毛根を残し将来生えてくるようにしないといけないため一時的な処置しか法律的には認められていません。そのため脱毛サロンなどの医療機関以外でフラッシュ脱毛をする場合、出力を出力を極力微弱に調整し違法行為にならない程度の弱い光で施術しなければなりません。そういった大人の事情から中にはケノンよりも出力が弱い脱毛サロンまで存在するのが現状です。脱毛サロンより家庭用脱毛器の方が強い光なんてことがあるの?と思われる方もいるかもしれません。しかし脱毛サロンは他人への施術となりますから強い出力での施術は違法行為になってしまう可能性がありますが、家庭用脱毛器は自分自身の手で脱毛するので強い出力でも問題ないのです。つまりプロの施術である脱毛サロンが効果的というのは一般的な認識として大きな間違いです。脱毛サロンではお客様にやけどを負わせてはいけないと神経質になっているためかなり弱い出力で施術している店舗も多くなかなか効果が出ないから何度も通うハメになりその結果ローンを組まされ何十万円もの大金を使ってしまうというのが一般的な脱毛サロンで陥りやすいパターンです。また脱毛サロンではコース料金に人件費も含まれているため全身脱毛ともなると膨大な料金がかかってしまいます。広告などの表記上では脱毛という言葉を使用することはできても実際に脱毛サロンで行われている施術は出力レベルの低い減毛行為です。そのため現在の法律ではどれだけお金をかけても脱毛サロンで脱毛することはできないのです。しかし自分で脱毛するのであれば話は別です。光の出力を上げれば短期間にしかも低コストで安く脱毛することができます。予約がとりづらく時間もお金もかかって出力レベルが低い脱毛サロンと、空いた時間に自宅で脱毛できて照射レベルも自分の肌に合わせて調節できる家庭用脱毛器を比べればどちらが良いかは明らかでしょう。ケノンで成功した人が多いのはサロン並の高機能が搭載された最新の脱毛器だからです。ケノンを使い始めて1週間や2週間で照射した部位のムダ毛がポロポロ抜ける快感は体験した人でないとわかりません。抜け始める時期が早いのも照射力が最強の脱毛器ならではのメリットです。毛のは顔の産毛や面積の広い脚や背中などもスムーズに脱毛できます。子育てで忙しい時間のない主婦でも空いた時間で簡単に脱毛できるのでそういったなかなか時間の取れない人にオススメです。