エステサロン 脱毛 違法

世の中には様々な脱毛の方法がありますがエステサロンではワックス脱毛やフラッシュ脱毛が主に行われています。フラッシュ脱毛はレーザー脱毛と似たような原理でムダ毛の毛根部やその周辺組織に照射して発毛機能を弱めていきます。フラッシュ脱毛で使用されているものは医療用レーザー光線よりも波長が幅広く、産毛などの薄い毛から濃く太い毛まで利用できます。一方レーザー脱毛は医療行為にあたり法律によって美容外科や皮膚科などの医療機関にしか認められていないためエステサロンでは施術することができません。脱毛は毛乳頭を破壊する医療行為のため医師免許や看護師免許がない者が施術すれば医師法違反となり法によって罰せられます。エステで行えるのは減毛といって毛根を残し将来生えてくるようにしないといけないため一時的な処置しか法律的には認められていません。そのためエステサロンなどの医療機関以外でフラッシュ脱毛をする場合、出力を出力を極力微弱に調整し違法行為にならない程度の弱い光で施術しなければなりません。そういった大人の事情から中にはケノンよりも出力が弱いエステサロンまで存在するのが現状です。エステサロンより家庭用脱毛器の方が強い光なんてことがあるの?と思われる方もいるかもしれません。しかしエステサロンは他人への施術となりますから強い出力での施術は違法行為になってしまう可能性がありますが、家庭用脱毛器は自分自身の手で脱毛するので強い出力でも問題ないのです。つまりプロの施術であるエステサロンが効果的というのは一般的な認識として大きな間違いです。エステサロンではお客様にやけどを負わせてはいけないと神経質になっているためかなり弱い出力で施術している店舗も多くなかなか効果が出ないから何度も通うハメになりその結果ローンを組まされ何十万円もの大金を使ってしまうというのが一般的なエステサロンで陥りやすいパターンです。またエステサロンではコース料金に人件費も含まれているため全身脱毛ともなると膨大な料金がかかってしまいます。広告などの表記上では脱毛という言葉を使用することはできても実際にエステサロンで行われている施術は出力レベルの低い減毛行為です。そのため現在の法律ではどれだけお金をかけてもエステサロンで脱毛することはできないのです。しかし自分で脱毛するのであれば話は別です。光の出力を上げれば短期間にしかも低コストで安く脱毛することができます。予約がとりづらく時間もお金もかかって出力レベルが極端に低い可能性のあるエステサロンといつでもどこででも脱毛できて出力を自分で調節できる家庭用脱毛器を比べたらどちらがいいでしょう?